• 送料500円
  • 最短明日お届け
  • クレジット決済対応
  • 後払いOK
  • ホーム
  • 名入れについて
  • ショッピングガイド
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ
 

万年筆の持ち方

万年筆を使いこなせる大人=カッコイイというイメージを持っている方は多くいらっしゃいます。自分も持ち歩きたいけれど実際使ってみると書きづらくて諦めてしまった、あるいはそういう意見を聞いて購入をためらっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?こちらでは、万年筆の持ち方についてまとめています。

まずは特徴を知ろう!

万年筆とインク

万年筆を上手く使いこなすためには、特徴を知るところからです。ボールペンなどの筆記用具と違い、紙にペン先を置いただけでインクが出てくるので、筆圧をかけなくても文字を書くことができます。力を入れる必要がないため、長い間文字を書いていても疲れにくいのです。また、使っていくうちに所有者の癖によってペン先の形状が変わり、馴染んでいくのも大きな特徴といえます。

正しい持ち方

万年筆

手の大きさや指の大きさは人それぞれで、力加減も異なります。一般的な万年筆の持ち方は、指先に余計な力を入れず、親指と中指で持ち、人差し指は添えるだけにして小指を土台にしたスタイルです。万年筆は、力を入れすぎるとペン先が割れてしまいます。すると綺麗な文字を書くことができなくなってしまうだけではなく、万年筆自体が使えなくなってしまうのです。せっかく手に馴染んできて愛着が湧いた万年筆を手離すことがないように、正しい持ち方を意識して文字を書くようにしましょう。

書き方のコツ

万年筆と手紙

文字を書く際のコツは、少し傾けて書くというところです。ボールペンはペン先を寝かせるとインクが出てこなくなってしまい、文字が書けなくなってしまいますが、万年筆はペン先を寝かせてもしっかりとインクが出てきます。使い慣れるまでは毎日気軽に文字を書いて練習することをおすすめします。

ひかり屋では、万年筆やボールペンだけでなく、書体を自由に選べる名入れペンも販売しております。シェーファーパーカークロスパイロットといったブランドも種類豊富ですので、プレゼントをお考えの方もご利用ください。名入れをすることでより素敵なプレゼントになります。