• 送料450円
  • 最短明日お届け
  • クレジット決済対応
  • 後払いOK
  • ホーム
  • 名入れについて
  • ショッピングガイド
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ
 
名入れボールペンのひかり屋 ホーム > ボールペンで字を上手に書くコツ

ボールペンで字を上手に書くコツ

ボールペン

シャーペンや鉛筆の場合とボールペンの場合では書き心地が違うため、ボールペンで上手く字が書けないと悩んでいる方は少なくありません。パソコンやスマホなどの普及によって日常生活の中で文字を書くという機会自体は減ってきていますが、いざというときにきれいな文字が書けると好印象になります。ボールペンで文字を書くコツをご紹介します。

姿勢と持ち方

きれいな字を書く1つめのポイントは、「正しい姿勢」と「正しい持ち方」です。これがしっかりしていないときれいな字を書くことはできません。椅子に座って書く場合は、深く腰掛けて背筋をピンと伸ばし、姿勢が前のめりや猫背にならないように気をつけましょう。体を机から10cmほど離すと自然と姿勢も良くなります。利き手と反対の手(ボールペンを持っていない方の手)で用紙を軽く抑えるようにして添えます。これがきれいな字を書く時の正しい姿勢です。

そして、正しい持ち方ですが、基本的には鉛筆の持ち方と変わりはありません。親指と人差し指、中指の3本で軽く握るようにして持ちます。この際、必要以上に力を入れすぎないように意識してください。

文字のバランス

ボールペン

字が下手といわれている人の字は、全体的にバランスが整っていないことが多いです。一字一字がきれいでも、バランスによっては汚く見えてしまうということもあります。文字間隔が均等でなかったり、傾きの角度にバラつきがあったり、漢字とひらがなの大きさが一緒だったりしてバランスが悪いために字が下手に見えていることもあるので、まずはバランスを整えることを意識して書いてみてください。

漢字は画数が多いのでひらがなと同じ大きさで描いても小さく見えてしまうことがあります。ひらがなは漢字よりも少し小さく書くとバランス良くなります。

正しい姿勢・持ち方、文字のバランスを意識することも大切ですが、ボールペンにこだわることも大切です。ブランド・価格・書き心地は1つ1つ違います。自分にとって書きやすいボールペンを、ひかり屋で見つけませんか?パーカーウォーターマンクロスセーラーシェーファーなど様々なブランドのボールペンを取り扱っています。また、名入れすることもできます。美文字を目指している方、プレゼント選びで悩んでいる方は是非、ご利用ください。