• 送料450円
  • 最短明日お届け
  • クレジット決済対応
  • 後払いOK
  • ホーム
  • 名入れについて
  • ショッピングガイド
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ
 
名入れボールペンのひかり屋 ホーム > 入学、卒業祝いのマナー

入学、卒業祝いのマナー

入学祝いのマナーについて

ギフトボックス 一般的に入学祝いはごく親しい身内に贈ります。しかし、自分の子どもがお祝いをいただいている場合は、きちんと贈るのがマナーです。プレゼントとしては現金や商品券、図書カードなどいつでも使えるものが人気です。現金を贈る場合は祝儀袋に入れます。のしをつけて、紅白の蝶結びの水引がついている袋を準備しましょう。また、普段使いできる名入れボールペンや万年筆も人気があります。予算の目安ですが、親族・兄弟は1万円前後、友人・知人は5000円〜1万円が一般的です。



入学祝いのお返しはどうする?

入学祝いのお返しは地域によって違います。お礼状や挨拶で済ませる地域もあれば、きちんとお返しをする地域もあるため、事前に確認しておくといいでしょう。入学内祝いの予算ですが、いただいたギフトの半分以下が一般的です。ただ、入学内祝いのプレゼントは、入学してから1ヶ月以内には贈るようにしましょう。

卒業祝いのマナーについて

プレゼントを渡す女性 卒業は子どもの成長を祝う儀式の1つです。卒業後の生活を考慮して、必要になるものを贈り物にすると喜ばれるでしょう。ちなみに卒業と入学祝いが重なる場合は、入学祝いを優先してください。同じように就職祝いと重なった場合は、就職祝いを優先させます。予算の目安ですが、親族・兄弟は1万円〜2万円、友人・知人は5000円〜1万円となっています。





卒業祝いのお返しはどうする?

親族など親しい間柄の場合は、基本的にお返ししなくても大丈夫です。もしお返しをするのであれば、予算はいただいたものの半分以下を目安にしましょう。あまり高価なもの渡すと相手も気をつかってしまいます。しかし、卒業祝いをいただいたなら、なるべくその日中に本人が電話でお礼を伝えることが大切です。遅くても3日内に伝えるのがマナーです。また、感謝の気持ちを込めて礼状を書いても喜ばれると思います。

入学や卒業は社会に向けた第一歩です。素晴らしい晴れ舞台をお祝いするためにも、マナーを守ってプレゼントするようにしましょう。
入学祝いや卒業祝いの贈り物なら、ひかり屋をご利用ください。ひかり屋では名入れギフトを取り扱っています。自分の名前が入っている万年筆やボールペンは特別感があり、贈り物として大変喜ばれます。翌日配送についてなど、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。また、名入れギフトは就職祝いや父の日、母の日、敬老の日などにもおすすめです。