• 送料450円
  • 最短明日お届け
  • クレジット決済対応
  • 後払いOK
  • ホーム
  • 名入れについて
  • ショッピングガイド
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ
 
名入れボールペンのひかり屋 ホーム  > プレゼントのマナー

プレゼントのマナー

入学祝い・卒業祝い・就職祝い・結婚祝いなどの新たな節目となるお祝いでは、主役もその家族も、周りの人も幸せな気持ちに包まれます。
その気持ちを上手く伝えるためには、プレゼントを渡す時にも失礼にあたらない対応が重要です。いつでもスマートな対応ができるよう、プレゼントに関するマナーを意識しましょう。

相手の好みをリサーチしておく

自分が欲しいもの、流行っているものでも、相手にとっては好みではなかったり必要性を感じないことがあります。「何が欲しい?」と本人に直接聞くのが一番良いのですが、サプライズ演出も考えているのであれば、相手の趣味やファッションから推測すると良いかもしれません。

気に入ってくれるかな?とデザインに不安をお持ちなら、好みに左右されない実用的なものを選ぶと良いでしょう。ひかり屋が販売しているボールペンも、実用的なプレゼントの一つです。ボールペンは男女問わずご活用いただけますし、名入れが可能なのでオリジナル感を出すのにも最適です。名入れプレゼントであれば、他のプレゼントと重複する心配もないのでおすすめです。

贈る時期について

・入学祝い・卒業祝い

入学・卒業が決定してから1週間以内、遅くとも式の1週間前までに贈るのが一般的です。

・就職祝い

就職先決定後、1ヶ月以内に渡しましょう。新卒の方への就職祝いの場合は、卒業祝いと兼ねて贈る時期を3月にするのが通例です。

・結婚祝い

挙式の約1ヶ月前〜約1週間前がベストです。披露宴に出席しない場合、式の後にお渡しする方が先方に気を使わせません。

タイミングを逃して遅れてしまう場合は、お詫びの言葉を添えるとマナーを意識して思いを伝えることができます。

タブーとされるプレゼント

贈った相手に「よからぬことを連想させない」配慮として、タブーとなる贈り物は選ばないようにしましょう。例えば結婚祝いの場合、刃物や割れ物、また偶数の品は2人の縁が「切れる」「別れる」などを連想させてしまうので好ましくありません。ただし、「末広がり」を意味する「八」は縁起が良く、またペアのものも1セットと考えられているので、偶数でも問題ありません。