• 送料450円
  • 最短明日お届け
  • クレジット決済対応
  • 後払いOK
  • ホーム
  • 名入れについて
  • ショッピングガイド
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ
 
名入れボールペンのひかり屋 ホーム > ローマ字表記について

ローマ字表記について

ボールペンや万年筆は名入れギフトとしてプレゼントに最適なものです。名入れをご依頼いただく際に、ローマ字表記をご希望の方も多いですが、ローマ字表記には意外につまずきやすいポイントというものがあります。

ローマ字表記の歴史

初めて日本語をローマ字表記したのは、16世紀末に日本にやってきたポルトガルのイエズス会宣教師と言われています。彼らは当時の日本についてポルトガル語で書き表す際に、日本語や固有名詞をローマ字表記で記載したそうです。その後アメリカ人宣教師ヘボンが英語の発音に近いヘボン式を発明、1928年に万国地理学会議の要請によって日本政府が訓令式を定めました。ヘボン式は名入れギフトの表記法としても重宝されています。

ヘボン式と訓示式

それではヘボン式・訓令式はどのように使い分けられているのでしょうか。例えば、小中学校教育で行われるローマ字教育は訓令式がメインです。ヘボン式はパスポートや鉄道の駅名、道路標識など身近なものに採用されているのでこちらも身近なものになっています。パソコンのキーボード入力もどちらにも対応している場合がほとんどですが、ボールペンや万年筆への名入れであれば、日常的に馴染み深いヘボン式がおすすめです。

ヘボン式と訓示式

注意すべき表記方法

ヘボン式と訓令式には表記方法にいくつかの注意点があります。ボールペンや万年筆といった名入れギフトプレゼントで失敗しないためにも、把握しておきたいルールの1つです。

ヘボン式と訓令式で表記が異なる仮名

ひらがな ヘボン式 訓令式 ひらがな ヘボン式 訓令式 ひらがな ヘボン式 訓令式
SHI SI            
CHI TI TSU TU      
FU HU            
JI ZI            
JI ZI            
しゃ SHA SYA しゅ SHU SYU しょ SHO SYO
ちゃ CHA TYA ちゅ CHU TYU ちょ CHO TYO
じゃ JA ZYA じゅ JU ZYU じょ JO ZYO

注意すべきルール

  • 撥音「ん」

    基本的には「N」一文字表記だが、ヘボン式の時のみB、M、Pの前では「M」で表記。
    (例)なんば⇒NAMBA、ほんま⇒HOMMA

  • 促音「っ」

    ヘボン式・訓示式どちらも基本ルールとして子音を重ねる。
    特例としてCHの前では「T]で表記。訓令式では対応していない。
    (例)えっちゅう⇒ETCHU、はっちょう⇒HATCHO

  • 長音「O」、「U」

    ヘボン式では「O」、「U」は記入しない。(例)おおの⇒ONO、さいとう⇒SAITO
    訓令式では 母音字の上に「^」または「 ̄」をつける Tokyo(東京)。
    なお、大文字の場合は母音字を並べても良い。

名入れされたプレゼントは、一生の記念となる大切なプレゼントです。
ひかり屋では筆記体表記に対応させていただくこともできますので、お気軽にお問い合わせください。